あらゆる投資を考えよう

投資というと株式投資やFX投資を思い浮かべる人が多いと思います。宣伝などもこの2つが突出しているのでおなじみの人も多いでしょう。しかし、投資の方法はこの2つだけではありません。他にもあるのです。最近金投資に人気が集まりつつあります。従来から根強い人気を持っていたのですが、貴金属アクセサリーとしての価値はあっても、金の延べ棒や金貨として投資を考える人は多くなかったようです。しかし、金の人気が復活しつつあります。実際に起こるかどうかは別にして、国債発行額の多さから、日本経済のクラッシュの可能性がゼロとは言えません。万が一そのようなことが起きた際に、金は大きな味方になります。

同様の理由で、外貨預金という投資方法もあります。FX投資がブームになっているため、レバレッジ1倍の外貨預金は不利に見えますが、相場がいつも自分の思い通りに動くとは限りません。当たる場合もあれば外れる場合もあるのです。外れてしまった場合、証拠金がゼロになってしまう可能性は否定できません。これに対し、外貨預金であれば万が一円高に振れてしまってもじっと待つことが可能です。現在の経済情勢からすると、しばらくの間は円安傾向が進みます。一時的に円高に振れてしまっても待つことでリカバーが可能ですが、FX取引は一定以上の損失が出ると強制的に損失確定がされてしまいます。

案外人気がないのが商品取引です。もちろん先物取引を推奨するわけではありません。最近は証券会社経由で商品取引の投資信託を買うことができます。俗にETFというものです。先物取引をすると、FX同様とんでもない損失を被ることもありますが、ETFであれば自分が買った金額以上の損失は出ません。しかも、外貨預金同様待つことができますから、将来の商品相場高騰にかけることも可能です。このように、投資の種類にはいろいろとあります。宣伝している投資だけが投資ではありません。経済新聞等でしっかりした投資対象を自分の目で探してみることをお勧めします。

copyright(C)あらゆる投資